二世帯住宅で大切なのは距離感です。
こんにちは。造居の小澤です。

■完全分離型の二世帯住宅
二世帯住宅にはいくつかの型があります。
例えば、親世帯と子世帯が暮らす空間を壁や上下階で完全に分ける「完全分離型」。
それぞれの世帯に玄関、キッチン、お風呂、トイレなどがあるタイプです。
各世帯のプライバシーが保たれるほか、水道光熱費を各世代で分けて管理できるため、生活費用の計算がしやすいというメリットもあります。
一方で、各世帯の生活スペースを確保するため、土地にある程度の広さを必要とする場合があります。

■一部共有型(半分離型)
基本的な生活空間は分離し、一部の部屋を共有するのが「一部共有型」です。
起床・就寝・食事など生活のタイミングが異なる親世帯と子世帯が、互いに負担をかけずに暮らせる二世帯住宅です。
家族の形によって様々ですが、玄関を2つ設け、完全分離型に近いスタイルを取ることもあります。
親世帯と子世帯が交流するための仕掛けとして、各世帯の生活空間を通路でつないだり、共有のリビングをつくったりします。

■大切なのは距離感です
家族とはいえ、ちょっと距離をおける空間は大事ですね。
車間距離と同じで、近過ぎるとぶつかることもあるからです。
二世帯住宅をつくるときに大切なのは、親世帯と子世帯の両方からしっかりとヒアリングし、生活スタイルや考え方の違いを踏まえてプランをまとめていくことです。

■□━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥

居ルコトヲ、造ルカイシャ

◤ 造居(zoui)◢

袋井市・森町・掛川市・磐田市・浜松市
そこで紡がれる暮らしを第一に、土地探しからの家づくり

静岡県袋井市愛野東1-8-5
0538-30-7217

– Facebook –
https://www.facebook.com/zoui.jp/

– Instagram –
https://www.instagram.com/chibizou_zoui/

– 造居が取組む “びおハウスH” –
https://biohouse-h.com

‥‥‥・・・・・━━━━━━━━━━━━■□