bio house H(びおハウスH)は地震に強い家でありながら、室内を自在に活用できます。
こんにちは。造居の小澤です。

■地震に強い&自由にレイアウト

建物を支える役割を持ち、耐震性にも関わるのが耐力壁(たいりょくへき)です。
通常の工法では耐力壁を家の中にバランス良く配置する必要があり、それが間取りの自由度を下げる原因となっています。
一方、bio house Hは家の中と外を仕切る外周壁のみを耐力壁とし、耐震性を十分に確保。室内に耐力壁を設ける必要がありません。
そのため、多様な室内の使い方が可能です。家族の暮らしが変化したときには、家の中の壁を取り払い、仕切り直すこともできます。

■数百年に1度の大地震✕1.5倍の力に耐える

bio house Hは「耐震等級3」に適合しています。
耐震等級は、数百年に1度発生する地震の地震力に対して、建物が倒壊・崩壊しない性能を表わします。
等級1は建築基準法と同等。等級2はその1.25倍、等級3は1.5倍の地震に対抗できる性能をいいます。

 

■高耐震パネル「コーチパネル」を採用

造居ではbio house Hの耐力壁に高耐震パネル「コーチパネル」を採用しています。
面全体で力を支えるコーチパネルは建物にかかる地震の揺れを面で受け、余震に耐えます。
従来の工法に比べて、約2倍の耐力と、約1.6倍の粘り強さを発揮します。震度7強を超える地震や繰り返し襲う余震にも耐えられる強さです。

■□━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥

居ルコトヲ、造ルカイシャ

◤ 造居(zoui)◢

袋井市・森町・掛川市・磐田市・浜松市
そこで紡がれる暮らしを第一に、土地探しからの家づくり

静岡県袋井市愛野東1-8-5
0538-30-7217

– Facebook –
https://www.facebook.com/zoui.jp/

– Instagram –
https://www.instagram.com/chibizou_zoui/

– 造居が取組む “びおハウスH” –
https://biohouse-h.com

‥‥‥・・・・・━━━━━━━━━━━━■□