既存住宅と新築を組み合わせた事例をご紹介します。
こんにちは。造居の小澤です。

この事例では、お客様が購入された中古住宅をベースにしました。
購入した住宅には増築歴があり、家の半分が比較的新しい状態でした。
そこで、まだ新しい部分をリフォームし、残りの部分は取り壊して新築に建て替えることにしました。

■2つの屋根の調和を目指しました
新築住宅と既存住宅を融合させるとき、1つ気をつけたのは屋根の形です。
既存部分の切妻屋根とバランスが取れるように新築部分の片流れ屋根をデザインしました。
片流れ屋根を採用したことで、2階にロフトを設けられました。収納空間として利用できることはもちろん、お子さまの遊び場にもなりそうです。

■パン店も開けるように
パン店で修行された奥様のためにパンづくりの部屋をつくりました。
ご家族のために腕をふるうのはもちろん、将来はパン店を開くことも考えた間取りになっています。

■オリジナルな建具
引き戸などの建具は、この家のためにつくった造作です。
お子さまのご希望を取り入れてブルーやピンクで仕上げました。

■□━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥

居ルコトヲ、造ルカイシャ

◤ 造居(zoui)◢

袋井市・森町・掛川市・磐田市・浜松市
そこで紡がれる暮らしを第一に、土地探しからの家づくり

静岡県袋井市愛野東1-8-5
0538-30-7217

– Facebook –
https://www.facebook.com/zoui.jp/

– Instagram –
https://www.instagram.com/chibizou_zoui/

– 造居が取組む “びおハウスH” –
https://biohouse-h.com

‥‥‥・・・・・━━━━━━━━━━━━■□