日本の伝統的な家づくりのよいところを取り入れています。
こんにちは。造居の小澤です。

■風土に合った家づくり
日本の気候に合った家には、このような特徴があります。
●家の中を風がよく通る。
●軒(のき)が深く、夏の直射日光が家の中に差し込まない。冬の日当たりはよい。
●家の外と中をつなぐ縁側がある。
●畳や無垢の木などを使っている。
このような特徴は、造居がご提案するbio house H(びおハウスH)にも取り入れられています。
太陽や風など自然の恵みを上手に使い、心地よく暮らすための知恵ですね。

■造居では引き戸を基本にしています
日本の伝統的な家の建具といえば、引き戸です。
私もお客様の家を設計するときには引き戸を原則にしています。
引き戸は開き戸(ドア)のように開け締めのスペースを取る必要がありません。引き戸なら、家の空間を有効に使って間取りを考えられます。
また、開き戸は基本的に閉めて使うものであるのに対して、引き戸は開けたままでも閉めても使えます。
例えば子ども部屋なら、お子さまが1人で集中したいときだけ引き戸を閉め、普段は開放しておくという使い方が多いと思います。風でバタン!と閉まらないのもいいですね。
今では日本の引き戸の合理性が広く知られるようになり、海外の建築家も取り入れています。

■□━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥

居ルコトヲ、造ルカイシャ

◤ 造居(zoui)◢

袋井市・森町・掛川市・磐田市・浜松市
そこで紡がれる暮らしを第一に、土地探しからの家づくり

静岡県袋井市愛野東1-8-5
0538-30-7217

– Facebook –
https://www.facebook.com/zoui.jp/

– Instagram –
https://www.instagram.com/chibizou_zoui/

– 造居が取組む “びおハウスH” –
https://biohouse-h.com

‥‥‥・・・・・━━━━━━━━━━━━■□