無理はしないけれど、活かせるものは活かす。bio house H(びおハウスH)は植物の緑も上手に使って暮らしを快適にします。

こんにちは。造居の小澤です。

家の周りに葉が茂っていると、夏の日差しを遮ってくれます。植物の中の水が葉から蒸発するときに熱を奪う蒸散効果もあり、周囲を涼しくしてくれます。一方、冬になれば葉が落ちて、太陽の光を取り込みやすくなります。緑の変化を目で楽しみ、季節を感じられますね。

■ちょうどよい目隠しにもなる

造居の事務所には道路沿いに緑を植えてあります。

外から事務所を覗いていただくとわかりますが、緑はちょうどよい目隠しになっています。反対に、事務所の中から外を見るときには、視界が遮られているとは感じません。

 

■北側に庭をつくるメリット

庭の緑を眺めて楽しむためには、家の北側に庭をつくるのがお勧めです。

なぜなら、花や葉は太陽のある南を向くから。ウッドデッキでのんびりしたり、家の窓から庭を眺めたりするとき、草花の表情が目に入りやすくなります。南側に庭があると、花や葉の裏側を見ることになってしまうというわけです。地元の遠州でいえば龍潭寺の庭園など、名園と呼ばれる庭が北側に配置されているのは、そのような理由もあるのではないでしょうか。

■□━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥

居ルコトヲ、造ルカイシャ

◤ 造居(zoui)◢

袋井市・森町・掛川市・磐田市・浜松市
そこで紡がれる暮らしを第一に、土地探しからの家づくり

静岡県袋井市愛野東1-8-5
0538-30-7217

– Facebook –
https://www.facebook.com/zoui.jp/

– Instagram –
https://www.instagram.com/chibizou_zoui/

– 造居が取組む “びおハウスH” –
https://biohouse-h.com

‥‥‥・・・・・━━━━━━━━━━━━■□