良くいただくご質問と、その回答をご紹介します。
その他不明点等ございましたらお気軽にお問い合わせください。

びおハウスってなに?
「びおハウス」とは、造居が参加する「町の工務店ネット」が提案するあたらしい住宅です。機械設備に頼りすぎず、まず建築でできるだけのことをやろう、という呼び掛けのもと、少ないエネルギーで、できるだけ自然室温で暮らせる家をつくる運動です。
建築家と全国の工務店が一緒に取り組んでいます。
建物が建つ前のイメージなどを知りたいのですが
造居では、A’s(エース)という建築専用CADを使用しています。外観、内観パースや鳥瞰図、家の中を歩けるようなウォークスルーといったイメージはもちろん、通風シミュレーションなどを利用して、より快適な家づくりのためのプレゼンテーションを行っています。
さらに、袋井市をはじめとした地域で建てさせていただいた住宅がたくさんありますので、ご見学いただき、イメージをつかんでいただけると思います。
完成イメージCG
完成イメージCG
建物の断熱はどんなものを使っていますか?
造居では高耐震、高気密、高断熱を兼ね備えたコーチパネルを推奨しています。
コーチパネルは耐力壁と断熱材が一体化したパネルです。断熱材・フェノバボードは最高ランクの断熱性能をもっています。
コーチパネル壁断面
屋根の上についているのは太陽光発電ですか?
造居では、発電をするパネルではなく、熱を集めるパネルを載せています。これは空気集熱式ソーラーと言われる技術で、寒くなる秋口から冬、春先まで、太陽の熱をそのまま家の基礎コンクリートに貯めて、室内環境を整えます。夏は、夜間に外気を取り込み、窓を開けなくても外の涼気を取り入れることができます。
エネルギーを一度電気に変えてしまうのではなく、自然の力をそのまま活かして、できるだけ「自然室温で暮らせる家」を目指しています。
びおソーラー集熱パネル
建物の保証はどうなっていますか?
国で定められた住宅瑕疵担保履行法によって、不具合(瑕疵)が発生した場合、施工業者が責任を負わなけらばなりません。
造居は、第三者機関である「株式会社日本住宅保証検査機構(JIO)」の厳密な4回の検査を受けることにより、引渡しから10年間、保証が受けられますのでご安心ください。

更に、工事中も工事保険に加入しておりますので、建築途中の火災、損傷、資材の盗難等も保証されます。

JIOによる調査
JIOによる検査
JIOによる検査
JIOによる検査
土地からお願いしないといけませんか?
もちろん、建築だけのお客さまも大歓迎です。
造居では、不動産と建築設計・施工を手がけておりますが、土地だけ、建築だけというお客さまも多くいらっしゃいます。
すでにお手持ちの土地があれば、その土地にあった暮らしを一緒に考えましょう。
施工は自社で行うのですか?
造居はちいさな会社ですので、直接施工を行う部門は持っていませんが、20年以上建築施工に携わってきた経験を基に、信頼のおける協力業者(大工さん、左官屋さん等数十社)に直接発注します。
いわゆる「丸投げ」ではなく、監理、監督、工程管理は造居が責任をもって行いますので、ご安心ください。