設計のチカラで土地の魅力を活かし、欠点を補う

家づくりノウハウ

道路が南側にある土地でも、北側にある土地でも、土地の特徴を活かして設計すれば納得のいく家を建てられます。

こんにちは。造居の小澤です。

■北向きの土地にもメリットがあります

かつては「玄関は南がいい」と言われていました。

南側に道路が通る「南面道路」の土地で、建物の玄関が南向きの「南入り玄関」ということです。今でも、南面道路の土地は北面道路に比べて価値がやや高いとされています。

しかし、北面道路の土地にもメリットがあります。

陽当りがよい位置に居室や庭を配置できることです。

この場合、建物の北側に駐車場をつくり、北側の玄関から出入りすることが多いですね。

家を建てるときの工夫次第で北面道路の土地でも十分に魅力的な家を建てられます。

■四角形ではない土地の使い方

上から見たときに正方形や長方形になっていない「不整形地」は、場合によっては価格が下がることがあります。

例えば三角形の土地は、建築できる建物がどうしても制限され、無駄なスペースが生まれやすいため敬遠されます。

四角い土地から旗竿の竿のように細長い土地が伸びて道路に達している「旗竿地」も価格が多少下がることがあります。ただ、竿の部分が短く幅が十分にあって通路として使いやすく、本体の土地の陽当りがよいなら、家を建てて暮らすことに支障はないでしょう。

また、四角形ではなく一部が出っ張っている土地も珍しくありません。

私はそのような出っ張り部分には物置や自転車置き場をつくるようにお勧めしています。

土地の不整形な部分を上手に活用すれば、正方形や長方形より使い勝手がよい土地にすることもできますよ。

■設計のチカラでカバーできます

造居がつくるbio house H(びおハウスH)は窓や玄関の位置も含めてレイアウトを自由に変更できる家です。

そのため、設計の工夫によって土地の魅力を活かし、土地の欠点を補うことができます。

例えば、周囲のほとんどが家に囲まれて眺望がないと思われている土地でも、ある方角だけは遠くを見通せるかもしれません。そのようなケースでは、視界の抜けに合わせて窓を設け、室内から景色を楽しめるようにできます。

■土地を買う前にご相談ください

土地を購入される前に造居にご相談いただいたり、造居と一緒に土地探しをしていただいたりすれば、土地の特徴に応じた家づくりを進めやすくなります。

土地探しで気になることがあれば、ぜひお問い合わせください。